界面活性剤フリー乳液

 界面活性剤は本来混ざり合わない
油と水とつなぎとなり可溶化、乳化、洗浄させるものである

溶剤、湿潤・保湿剤等と言われている乳化剤とされていない
多価アルコール(PG 等)、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(ペリセア)も
親水基、親油基を持ち合わせている。

界面活性剤と言われているものよりは能力は劣るが
保湿剤によっても油を「乳化」させることは可能である。

→化粧品原料の表示名称をとる推奨配合目的を設定している
 これが「乳化剤」の分類にないもの(粧工連、cosmetic.infoで検索可能)

具体的には有機概念図を利用するとよい



原料探索しているかたはこちらへ

http://pocket.jp/?p=2618
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Toshihiko Suzuki

おかげさまで2,000アクセスされました!
今後も更新がんばります。

どうも日用品関係の情報をまとめる人です。
2021年4月2日からブログ毎日更新。

↓日用商品成分相談、販売検討している方は↓

104fig〇gmail.com

※〇を@に変更してください


~資格~
危険物取扱者甲種
QC検定2級
ITパスポート
エコ検定
化粧品成分上級スペシャリスト
コスメ薬事法管理者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR