プラスチック

プラスチックの材質情報を記します

①低密度ポリエチレン(LDPE;Low density poyethylene)
→半透明で光沢がある。軟らかいため特にスクイズ性の必要なボトルやチューブ、中栓、
パッキンなどに使われている。欠点として、内部や外部の応力がかっている状態でアルコール、
界面活性剤などに接触していると亀裂(ストレスクラッキング)が生じることがある

②高密度ポリエチレン(HDPE;High density poyethylene)
→乳白色でやや光沢が劣り水分の透過が少ない。化粧水、乳化、シャンプー、リンスのボトル、
チューブなどに使われる。

③ポリプロピレン(PP;Polypropylene)
→半透明で光沢があり、耐薬品性がよく常温では耐衝撃性がある。特徴として繰り返し折り曲げ
に強く、折り曲げ部を薄く成形して一体ヒンジ(蝶番)としてワンタッチキャップなど
に使われる。クリーム類の広口びん、各種キャップ類に使われる。

④ポリスチレン(PS;Polystyrene)
→硬く、透明で光沢がある。成形加工性が極めてよく寸法安定性もよい。欠点として耐薬品性が
よくない。耐衝撃性も悪いがこれを改良したハイインパクトスチレン(一般的には透明性良い)
がある。コンパクト、スティック容器などに使われる。

⑤AS樹脂 Polyacrylonitrile styrene
→透明で光沢があり耐衝撃性もよい。耐油性がありクリームの容器で、コンパクト、スティック
類の容器、キャップなどに多く使われる。

⑥ABS樹脂  Polyacrylonitrile butadiene styrene
→AS樹脂の耐衝撃性をさらに向上させた樹脂で、コンパクトなどの特に耐衝撃性を必要とする
場合などに使われる。香料、アルコールに弱い欠点がある。金属感をだすための化学メッキ、
真空蒸着を行う素材としても用いられる。

⑦ポリ塩化ビニル(PVC;Polyvinyl chloride)
→透明で成形加工性がよく安価なため、シャンプー、リンスのボトルや簡易なレフィル容器
などに多く使われてきたが、燃やした時に有害な塩化物を発生するため最近の地球環境保全の
面から海外では使用を禁止している国もあり、日本でも使用を控えている企業もある。

⑧ポリエチレンテレフタレート(PET;Polyethylene terephthalate)
→硬くガラスに近い透明感と光沢がある。耐薬品性、外観の良さからPE、PVCより
高級なイメージの化粧水、乳液、シャンプー、リンスなどのボトルに使われている。

⑨その他の樹脂
→ポリアミド(PA;Polyamide)、
 エチレン-ビニルアルコール共重合樹脂(EVOH;Etylene vinyl alchohol copolymer)、
 ポリオキシメチレン(ポリアセタール)(POM;Polyoxymethylene)等

 耐薬品性、保香性を高めるため積層容器の一部に、また、強度を高めるために利用されている。


<材質の強度情報>
→NITE
  http://www.tech.nite.go.jp/php/hakai/index.php

<性質>
・熱可塑性
→ABS樹脂、PP(ポリプロピレン)、PE(ポリエチレン)、PS(ポリスチレン)、PMMA(アクリル)、
PET(ポリエチレンテレフタレート)、PPE(ポリフェニレンエーテル) 、PA(ナイロン/ポリアミド)、
PC(ポリカーボネイト)、POM(ポリアセタール)、PBT(ポリブチレンテレフタレート)、PPS(ポリフェニレンサルファイド)、PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)、LCP(液晶ポリマー)、
フッ素樹脂、ウレタン樹脂、エラストマー

・熱硬化性
→PF(フェノール樹脂)、MF(メラミン)、FRP(ガラス繊維強化プラスチック)

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Toshihiko Suzuki

おかげさまで2,000アクセスされました!
今後も更新がんばります。

どうも日用品関係の情報をまとめる人です。
2021年4月2日からブログ毎日更新。

↓日用商品成分相談、販売検討している方は↓

104fig〇gmail.com

※〇を@に変更してください


~資格~
危険物取扱者甲種
QC検定2級
ITパスポート
エコ検定
化粧品成分上級スペシャリスト
コスメ薬事法管理者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR