容器 一般知識

容器の形によってメリット(守るべき商品の機能性)が生まれる(利便機能)

・消費者上
例 泡タイプポンプ ; 製剤が泡立てる必要性がない
   量や形 ; 運びやすい、つかいやすい
   バリアフリー・ユニバーサルデザイン

・流通上
例 パレットパターンの効率が良い

・販売上
例 陳列性が良い(商品のサイズ)

・情報上
例 商品の情報(薬事法、景表法、家庭用品品質表示法、製造物責任法)
→※容器の表示内容に関しては上記の法律を確認しておくこと


容器、包装とは
商品を以下の要因から守ることを目的としている(保護機能、具備要件)


<保護機能の意味>
・物理的(破損、変形、熱、電気、香り、水分等)
・化学的(酸化、光劣化、腐食、耐薬品等)
・生物的(腐敗菌、虫等)
・人為的(悪戯、チャイルドプルーフ(誤飲)等)



<具備要件の意味>
・安全、衛生性(例;製品トレース)
・社会、環境性(例;省エネ、リサイクル性)
・生産適性(例;充填効率、コスト)
・経済性(例;粗原料のコスト)

化粧品関係 材料としてはプラスチック類の取り扱いが多い。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Toshihiko Suzuki

おかげさまで2,000アクセスされました!
今後も更新がんばります。

どうも日用品関係の情報をまとめる人です。
2021年4月2日からブログ毎日更新。

↓日用商品成分相談、販売検討している方は↓

104fig〇gmail.com

※〇を@に変更してください


~資格~
危険物取扱者甲種
QC検定2級
ITパスポート
エコ検定
化粧品成分上級スペシャリスト
コスメ薬事法管理者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR