眼刺激試験

顔回りに利用、スプレー商品、シャンプーなど眼に入る恐れがあるものは眼刺激試験が行う必要がある。

とくに溶剤(アルコール等)やアルカリ製剤は眼のタンパク質変性させ失明する可能性がある。
→該当するものが10%を超える場合は割愛で注意表記を大きくする等で対策


この確認試験のためにウサギを利用した試験が用いられていたが(Draize 法)、
最近は細胞((SIRC-STE法;OECD TG491法)や死んだ牛の角膜(BCOP(OECD TG437法)が利用される。

https://www.pmda.go.jp/files/000204096.pdf
https://drc-web.co.jp/invitro/

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Toshihiko Suzuki

おかげさまで2,000アクセスされました!
今後も更新がんばります。

どうも日用品関係の情報をまとめる人です。
2021年4月2日からブログ毎日更新。

↓日用商品成分相談、販売検討している方は↓

104fig〇gmail.com

※〇を@に変更してください


~資格~
危険物取扱者甲種
QC検定2級
ITパスポート
エコ検定
化粧品成分上級スペシャリスト
コスメ薬事法管理者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR