感作性試験

パッチテストの話をしましたが、
刺激(赤色変化)が続き治らないことがある。
その時アレルギー感作性作用になっている可能性があるが、
紫外線吸収剤や香料、染毛成分が問題になることがある

試験としては動物を利用していたが、
近年代替法の開発が盛んであるが相関性が完全でない。

・ペプチド結合性試験(DPRA)
・角化細胞株レポーターアッセイ(ARE-Nrf2 Luciferase Test Method)
・ヒト細胞株活性化試験(h-CLAT) 
・ヒト連続皮膚刺激性試験法(繰り返し閉塞貼布試験(RIPT:Repeated Insult Patch Test)

http://www.nihs.go.jp/hse/chem-info/oecdindex.html
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T210423I0020.pdf
https://www.kirei-testing-labo.com/safety/

刺激かアレルギーが判定しにくい。
食品アレルギーはよく聞くが経皮感作:アレルギーマーチが最近問題視されている。



https://www.ncchd.go.jp/hospital/sickness/allergy/about_allergy.html
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Toshihiko Suzuki

おかげさまで1,000アクセスされました!
今後も更新がんばります。

どうも日用品関係の情報をまとめる人です。
2021年4月2日からブログ毎日更新。

↓日用商品成分相談、販売検討している方は↓

104fig〇gmail.com

※〇を@に変更してください


~資格~
危険物取扱者甲種
QC検定2級
ITパスポート
エコ検定
化粧品成分上級スペシャリスト
コスメ薬事法管理者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR