アロマテラピー検定演習問題230113

<問題>① 花の香りを得るための伝統的な抽出方法で、アンフルラージュとマセレーションの2つお方法がある精油抽出法を1つ選びなさい。




ア、 油脂吸着法

イ、 揮発性有機溶剤抽出法

ウ、 超臨界流体抽出法

エ、 水蒸気蒸留法


② 精油の鎮静作用として正しいものを1つ選びなさい。




ア、 ホルモンバランスを整える作用

イ、 胃腸の消化活動を活発にし、食欲を増進させる作用

ウ、 神経系の働きを鎮め、心と身体の働きをリラックスさせる作用

エ、 細菌の増殖を抑える作用


③ 大脳辺緑系に含まれるものとして正しいものを1つ選びなさい。




ア、 海馬

イ、 前頭葉

ウ、 自律神経

エ、 嗅球


④ アロマテラピーの活用で、芳香浴法でないものを1つ選びなさい。




ア、 アロマスプレー

イ、 リードディフューザー

ウ、 フェイシャルスチーム

エ、 アロマディフューザー


⑤ アロマテラピーの利用方法としてAEAJがすすめていないものを1つ選びなさい。




ア、 高齢者が精油を基準の半分以下の量で使用する。

イ、 既往症のある方が精油を基準の半分以下の量で使用する。

ウ、 5歳児に成人と同じ精油の量を使用する。

エ、 妊娠時に芳香浴法を楽しむときは体調を考慮する。


⑥ 化粧水などに使われているグリセリンについて正しいものを1つ選びなさい。




ア、 香り成分が含まれる。

イ、 炭酸水素ナトリウムとも呼ばれる。

ウ、 保湿成分として使われる。

エ、 アルコール度数が高い。


⑦ 香りが嗅覚器から脳へ伝わる経路について、カッコにあてはまる語句として正しいものを1つ選びなさい。 心地よい香りの情報は、大脳辺緑系の一部である()に伝わる。()は、ホメオスタシスの働きに大きく関わっている。




ア、 視床下部

イ、 嗅上皮

ウ、 小脳

エ、 皮膚


⑧ 手作り化粧品の保存について適切でないものを1つ選びなさい。




ア、 湿度の高い場所で保管する。

イ、 冷暗所で保管する。

ウ、 水が含まれるものはおよそ1~2週間で使い切る。

エ、 植物油が中心のオイルやクリームは1か月程度で使い切る。


⑨ 精油6滴を加えて濃度約1%のトリートメントオイルを作るために必要な植物油の量を1つ選びなさい。(精油1滴0.05mL)




ア、 5mL

イ、 10mL

ウ、 15mL

エ、 30mL


⑩ 葉から得られ、原料植物の学名はラテン語で「海のしずく」を意味する精油を1つ選びなさい。




ア、 スイートオレンジ

イ、 ローズ(アブソリュート)

ウ、 ローズマリー

エ、 レモン



















<回答>
① ア
② ウ
③ ア
④ ウ
⑤ ウ
⑥ ウ
⑦ ア
⑧ ア
⑨ エ
⑩ ウ




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Toshihiko Suzuki

おかげさまで3,000アクセスされました!
今後も更新がんばります。

どうも日用品関係の情報をまとめる人です。
2021年4月2日からブログ毎日更新。

↓日用商品成分相談、販売検討している方は↓

104fig〇gmail.com

※〇を@に変更してください


~資格~
危険物取扱者甲種
QC検定2級
ITパスポート
エコ検定
化粧品成分上級スペシャリスト
コスメ薬事法管理者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR