用語集①

①INCI(インキ:化粧品原料国際命名法 International Nomenclature of Cosmetic Ingredients)
→米国PCPC(Personal Care Products Council)化粧品団体が作成している。
日本では民間団体 日本化粧品連合会がこれをもとに表示名称を作成している。

https://www.jcia.org/user/business/ingredients/namelist

・1表示名称=1INCIでないものがある
※例:赤104(1)=CI 45410、Red 28、Red 28 Lake

・エキス関係等 問題があるもの修正があることがある。
※例:ハトムギエキス→ハトムギ種子エキス
日本化粧品工業連合会ではHP上では変更の記載はないので注意

https://www.cosmetic-info.jp/jcln/detail.php?id=3998

②IUPAC命名法:International Union of Pure and Applied Chemistry
→化学界における国際的な標準ルールにより命名される化学物質命名法
・メタン、エタン、プロパン、ブタン、ペンタン、ヘキサン、ヘプタン、オクタン、ノナン、デカン、ウンデカン、トリデカン・・・

・OH:オール

③アルカロイド:alkaloid
→植物に存在する窒素を含む天然由来有機化合物(塩基)。
薬理作用があるが、毒性も高い。
※ニコチン(たばこ)、モルヒネ(ケシ)、ベルペリン(キハダ科)、モルフィン(アヘン) 等

④エステル
→酸+アルコールからなる化合物(酸・塩基触媒脱水反応)。油分として化粧品等に利用される。一般的に常温常圧で液状のものをエステル油という。
※パルミチン酸エチルヘキシル、エチルヘキサン酸セチル 等
動植物固形のものでロウ・ワックスが天然エステルある。
※ミツロウ、ウルシ果皮ロウ 等

④加水分解
→植物油から高級脂肪酸、アルコール、水を生成させる分解反応(強酸、強塩基+熱)。
劣化により、褐色や変臭がこの原因であることがある。
※他 アミノ酸+糖類 →メイラード反応

⑤還元
→酸化の逆。電子を得る、酸素を失う。水素を得る。
日用品の効果効能はこの現象によって、エイジングケアや洗浄をすることがある。

⑥慣用名
→古くから利用されている名称。IUPAC名と異なる
※苛性ソーダ:水酸化ナトリウム
※炭酸ガス:二酸化炭素
※アセトン:プロパン-2-オン

⑦揮発
→液体が、常温で気体となって蒸発すること
※蒸気圧曲線:クラウジウス・クラペイロンの式→精製で重要
化粧品で揮発性シリコーンなど利用される(あっさりした感触になりやすい)


⑧保存効力試験
→菌を強制的に摂取させて、防腐力を試験するもの
日本薬局方で規格設定されている

⑨微生物限度試験
→菌がはいっているか調べる試験
製品の衛生管理で設定される

⑩アレニウス式
→反応速度を予測する式。経時安定性を簡易的に予測する相関式。
一般的に日本では40℃6カ月が室温で3年相当と言われている。






現在の閲覧者数:








スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Toshihiko Suzuki

おかげさまで2,000アクセスされました!
今後も更新がんばります。

どうも日用品関係の情報をまとめる人です。
2021年4月2日からブログ毎日更新。

↓日用商品成分相談、販売検討している方は↓

104fig〇gmail.com

※〇を@に変更してください


~資格~
危険物取扱者甲種
QC検定2級
ITパスポート
エコ検定
化粧品成分上級スペシャリスト
コスメ薬事法管理者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR