アロマテラピー実践 

芳香沐法

芳香拡散機やティシュペーパー、マグカップなどを利用し
精油を拡散して、香りを楽しみながら心身のバランスを整える手軽な方法。
温めることでより、香りがより一層拡散する。

※ティッシュペーパー、ハンカチに精油を利用する場合は1~2滴と少量にし、場所遠近でコントロールする
→精油は色を落としたり・劣化させたり、シミになることがあります。利用するものについて継続的に利用する場合、目立たない場所で評価すると良いです。

※マグカップ、ボウルに精油を利用する場合、熱湯半分入れてから精油を1~2滴いれて香りを楽しむ。
→熱湯やけどに注意、ペットや子供、認知症の方に注意して利用する。マグカップは間違って飲むことがあるので注意。

※リードディフューザー:薄めた精油にカットした竹ひごを入れ香りを楽しむ。
→精油50滴、無水エタノール20mL 耐熱性ガラスビーカー、遮光性保存容器、耐熱性ガラス棒、竹ひご

※アロマスプレー:薄めた精油をつくりスプレー等にいれ、手軽に香りを楽しむ。
→精油3~20滴。無水エタノール5mL、水45mL、耐熱性ガラスビーカー、耐熱性ガラス棒、遮光スプレー容器
※精油は無水エタノールに溶かしてから水に溶かすと透明に溶けやすい。※種類・量によって白濁分離する。
精油濃度が1%以上になる場合は肌に直接つかないように。

※芳香拡散器(アロマディフューザー):幅広く拡散して香りを楽しむ。超音波振動式と電気式。
→機械については取り扱い説明書をみて利用する
※安定した平らな場所で、子供や高齢者、ペットから離れた場所で利用

沐浴法
精油を加えた入浴(沐浴)にはリラクセーション効果や温熱効果の相乗効果が期待。
※柑橘系、スパイス系皮膚刺激のため控える
※長時間は身体に負担、体調に合わせる
※入浴温度42℃以上であると不調になりやすい、高齢者、既往症(きおうしょう)は特に注意


・全身浴法:お湯200Lに「精油1~5滴無水エタノール5mL」、肩までつかると効果的

・半身浴法:おゆ100L程度以下 「精油1~3滴無水エタノール5mL」、みぞうちまで浸かる。
心臓など循環器負担が少ない

・手浴法、足浴法、部分浴法:手や足のみに利用
※精油1~3滴無水エタノール5mL

アロマバス
天然塩(発汗)、重曹(湯あたり抑制)、有機酸(洗浄)、ハチミツ(保湿)に精油1~5滴でアロマバスが作ることが出来る


吸入法
呼吸器系不調の解消ため精油利用。蒸気吸入法:マグカップ・ボウルにお湯を入れ精油1~3滴
※やけど注意、精油によっては刺激があるので目以外利用、長時間利用は避ける、咳:ぜんそくが出ることがあり損の場合は
利用を控える

フェイシャルスチーム
蒸気顔に当て血行促進、皮膚に潤いを与える「精油1~3滴」
※顔真正面・やけど注意

湿布法
濡れタオルに精油1~3滴、温湿布効果・冷湿布効果

トリートメント法:ボディ、フェイス
全身マッサージしながら精油オイル利用。血流・リンパの流れ促進し老廃物排出促進
ボディは精油1%以下、フェイスは0.1~0.5%

現在の閲覧者数:

アロマテラピー検定HP


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Toshihiko Suzuki

おかげさまで1,000アクセスされました!
今後も更新がんばります。

どうも日用品関係の情報をまとめる人です。
2021年4月2日からブログ毎日更新。

↓日用商品成分相談、販売検討している方は↓

104fig〇gmail.com

※〇を@に変更してください


~資格~
危険物取扱者甲種
QC検定2級
ITパスポート
エコ検定
化粧品成分上級スペシャリスト
コスメ薬事法管理者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR