価格の話

この世のどんな商売もセオリーは良いものを安く作って高く売る!!!である。

商品の価格構成は以下の通りです。

原材料費+活動経費(労務(加工費)・償却費・備品消耗品(製造経費))+その他経費(営業広告、品質管理・研究、教育、保管、レンタル・輸送費・原材料廃棄)+一般管理費+利益=製品

ここで、製造人件費は上記どこでしょうか?
次に、営業・開発・事務・管理職の人件費は?
最後に、安く作るにはどうしたらいいでしょうか?

ものごと1つ1つ考えていくことが重要だ。

特性要因図 製品流れ

新しいもの価格の妥当性をどう判断したらいいか考える。
原料は粗原料や構造から比較類推が可能だ。
同じように容器もデータを大量に入手すれば価格の妥当性が見えてくる。

樹脂量×購入量=単価×購入量×一定定数(容器ごとの種類(会社ごと))

関係数値の重回帰分析で統計解析・F検定t検定しながらトライ&エラーするといい。


この世の中どこかが儲かれば、どこかが儲からない。
競争社会である。強者の裏に敗者あり、敗者がいなければ勝者もない。
原価・利益(活動量)を考慮した迅速的な意思決定・値決めが商売に重要でたくさん売らないと会社は存続しない。
明日も生産活動は続く。

生産性運動3原則
 ①雇用の維持拡大
 ②労使の協力と協議
 ③成果の公正な分配


営業マンが商品を売り、売上発生しサラリーマン・従業員給与が支払える。
営業を最近やっているが、難しいと感じる。
営業マンに社長が多いのはなんかわかってきた。
売り方もいろいろとあるが、まとめ買い・セット品はお得感があってよく買っちゃいますよね~~

「ニキビケア商品:洗顔→化粧水→保湿液(乳液)」まとめ商品 お得感

交渉がうまくなる人になりたい



現在の閲覧者数:

アロマテラピー検定HP


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Toshihiko Suzuki

おかげさまで2,000アクセスされました!
今後も更新がんばります。

どうも日用品関係の情報をまとめる人です。
2021年4月2日からブログ毎日更新。

↓日用商品成分相談、販売検討している方は↓

104fig〇gmail.com

※〇を@に変更してください


~資格~
危険物取扱者甲種
QC検定2級
ITパスポート
エコ検定
化粧品成分上級スペシャリスト
コスメ薬事法管理者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR