試験機器

商品評価を数値化し有意差商品メリットを説明するために機器が利用されます。

・水分・油分・肌状態測定機器:化粧品関係全般に利用できます



・塩分計:食品 口腔系の塩見の確認(ほかの味のものもあります)



・オゾン計:除菌性能を評価



・サーモグラフィ:温感冷感試験



・pH計:刺激予測、規格化



・色差計:洗浄力 耐光性





https://www.nippon-shizai.com/Artificially-Soiled-Cotton-Fabrics.html
https://www.nippon-shizai.com/data/SUI-EMPA.pdf
https://www.jstage.jst.go.jp/article/senshoshi1960/27/3/27_3_119/_pdf
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Toshihiko Suzuki

おかげさまで1,000アクセスされました!
今後も更新がんばります。

どうも日用品関係の情報をまとめる人です。
2021年4月2日からブログ毎日更新。

↓日用商品成分相談、販売検討している方は↓

104fig〇gmail.com

※〇を@に変更してください


~資格~
危険物取扱者甲種
QC検定2級
ITパスポート
エコ検定
化粧品成分上級スペシャリスト
コスメ薬事法管理者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR