• ・改正表示名称-※改正表示名称は新製品上市などの機会を使って同義の表示名称に切り替えていくことが推奨されています。・化粧品表示名称PEG/PPG-5/30コポリマー・成分番号550188・定義本品は、酸化エチレンと酸化プロピレンの共重合体であり、次の化学式で表される。・配合目的溶剤・INCI名PEG/PPG-5/30 Copolymer・中文名称PEG/PPG-5/30 共聚物・洗剤表示名称 家庭用品品質表示法-・OV 有機性値2000・IV 無機性値1... 続きを読む
  • ・改正表示名称-※改正表示名称は新製品上市などの機会を使って同義の表示名称に切り替えていくことが推奨されています。・化粧品表示名称PEG/PPG-5/2プロピルヘプチルエーテル・成分番号566530・定義本品は、2-プロピルヘプタノールに酸化エチレン及び酸化プロピレンを付加したものであり、酸化エチレン及び酸化プロピレンの平均付加モル数はそれぞれ5及び2である。・配合目的洗浄剤、乳化剤、界面活性助剤、可溶化... 続きを読む
  • ・改正表示名称-※改正表示名称は新製品上市などの機会を使って同義の表示名称に切り替えていくことが推奨されています。・化粧品表示名称PEG/PPG-450/50トリメチロールプロパンラウリルエーテル・成分番号565311・定義本品は、ラウリルアルコール(*)とトリメチロールプロパン(*)の反応によって得られるエーテルのアルコキシル誘導体であり、酸化エチレン及び酸化プロピレンの平均付加モル数はそれぞれ450と50である... 続きを読む
  • ・改正表示名称-※改正表示名称は新製品上市などの機会を使って同義の表示名称に切り替えていくことが推奨されています。・化粧品表示名称PEG/PPG-40/2プロピルヘプチルエーテル・成分番号559716・定義本品は、2-プロピルヘプタノールに酸化エチレン及び酸化プロピレンを付加したものであり、酸化エチレン及び酸化プロピレンの平均付加モル数は40及び2である。・配合目的洗浄剤、乳化剤、可溶化剤、分散剤・INCI名PEG/P... 続きを読む
  • ・改正表示名称-※改正表示名称は新製品上市などの機会を使って同義の表示名称に切り替えていくことが推奨されています。・化粧品表示名称PEG/PPG-4/2プロピルヘプチルエーテル・成分番号559711・定義本品は、2-プロピルヘプタノールに酸化エチレン及び酸化プロピレンを付加したものであり、酸化エチレン及び酸化プロピレンの平均付加モル数は4及び2である。・配合目的洗浄剤、乳化剤、可溶化剤、分散剤・INCI名PEG/PPG-... 続きを読む
  • ・改正表示名称-※改正表示名称は新製品上市などの機会を使って同義の表示名称に切り替えていくことが推奨されています。・化粧品表示名称PEG/PPG-4/2コポリマー・成分番号550187・定義本品は、酸化エチレンと酸化プロピレンの共重合体であり、次の化学式で表される。・配合目的溶剤・INCI名PEG/PPG-4/2 Copolymer・中文名称PEG/PPG-4/2 共聚物・洗剤表示名称 家庭用品品質表示法-・OV 有機性値280・IV 無機性値410・α... 続きを読む
  • ・改正表示名称-※改正表示名称は新製品上市などの機会を使って同義の表示名称に切り替えていくことが推奨されています。・化粧品表示名称PEG/PPG-4/12ジメチコン・成分番号557671・定義本品は、ジメチコン(*)のメチル基の一部をアルコキシル化したものであり、酸化エチレン及び酸化プロピレンの平均付加モル数はそれぞれ4及び12である。・配合目的乳化剤・INCI名PEG/PPG-4/12 Dimethicone・中文名称PEG/PPG-4/12 聚二... 続きを読む
  • ・改正表示名称-※改正表示名称は新製品上市などの機会を使って同義の表示名称に切り替えていくことが推奨されています。・化粧品表示名称PEG/PPG-36/41ジメチルエーテル・成分番号557663・定義本品は、酸化エチレンと酸化プロピレンの共重合体の両末端をジメチルエーテルでブロックとしたものであり、それぞれの平均付加モル数は36及び41である。・配合目的皮膚コンディショニング剤(未分類)・INCI名PEG/PPG-36/41 ... 続きを読む
  • ・改正表示名称-※改正表示名称は新製品上市などの機会を使って同義の表示名称に切り替えていくことが推奨されています。・化粧品表示名称PEG/PPG-35/40ジメチルエーテル・成分番号558982・定義本品は、酸化エチレンと酸化プロピレンの共重合体の末端をメチルエーテルでブロックしたものであり、それぞれの付加モル数は35及び40である。・配合目的皮膚コンディショニング剤(未分類)・INCI名PEG/PPG-35/40 Dimethyl E... 続きを読む
  • 科(family)は、生物分類のリンネ式階層分類における基本的階級の1つ。植物の科、アロマテラピー利用抽出部位、特徴、例を記す。科 抽出部位 特徴 例ミカン科 花、葉、果皮 1500種ほど確認。さわやかフルーティ親しみやすい香り。 ベルガモット、レモン、グレープフルーツ、ネロリ、スイートオレンジシソ科 花、葉 3500種。すっきりしたハーブ調香り。 ラベンダー、ローズマリー、パチュリ、クラリセージ、スイートジョラム、ペパ... 続きを読む

Toshihiko Suzuki

おかげさまで1,000アクセスされました!
今後も更新がんばります。

どうも日用品関係の情報をまとめる人です。
2021年4月2日からブログ毎日更新。

↓日用商品成分相談、販売検討している方は↓

104fig〇gmail.com

※〇を@に変更してください


~資格~
危険物取扱者甲種
QC検定2級
ITパスポート
エコ検定
化粧品成分上級スペシャリスト
コスメ薬事法管理者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR