• 1.クレンジング料・界面活性剤型の( )成分分類を記載してください。(    )≧(    )>(    )≧その他2.クレンジングジェルの( )選択肢を選んでください。<成分表示:成分分類>水:水性成分(   ):保湿剤(   ):ノニオン界面活性剤(   ):増粘剤水酸化K:pH調整剤(   ):防腐剤<選択肢>ポリアミノプロピルビグアニド(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロス... 続きを読む
  • 1.クレンジング料・溶剤型の( )成分分類を記載してください。(    )>(    )=(    )≧その他2.クレンジングミルク(クリーム)の( )選択肢を選んでください。<成分表示:成分分類>水:水性成分(   ):炭化水素(   ):エステル油(   ):保湿剤ステアリン酸PEG-100:ノニオン界面活性剤イソステアリン酸グリセリル:ノニオン界面活性剤ポリソルベート80:ノニオン界面活性剤(   ... 続きを読む
  • 洗髪後の指通りを良くし静電作用髪をまとまりツヤを出す作用がある。髪表面状態整えるものをリンス。リンス機能に加え髪全体を整えるコンディショナー。ダメージ修復をトリートメント。<構成成分>・カチオン界面活性剤2%以上※※3級、4級とある。3級の場合 酸による中和必須・高級アルコール(界面活性剤のモル比4倍)・その他成分(油成分(凝集防止・髪指通り改善)、保湿・ダメージ修復(アミノ酸、加水分解タンパク質(ケラ... 続きを読む
  • ボディソープは皮膚上の皮脂の汚れを落とすもの。シャンプーは頭皮環境を清潔に保つものである。大まか水性成分70%、界面活性剤20%(ノニオン、両性、アニオン)、その他成分10%程度が構成である。シャンプーはカチオン化ポリマー配合され、アニオンとのコンプレックスコアセルベーションにより髪に対して効果が高くなる。※白濁性は希釈倍率10倍程度が良い(すすぎ性考慮)また、シャンプー関係はアモジメチコン等 シリコーン、植... 続きを読む
  • 紫外線による皮膚炎症・老化を防ぐ目的成分種類としては紫外線散乱剤、紫外線吸収剤(酸化防止剤)がある。補助効果として抗炎症剤もSPF、PA※を向上させる効果がある。紫外線対策成分紹介乳化物・分散物が主で、O/W、W/O(撥水性ウォータープルーフ 野外プール)がある。なお、SPF・PAはW/Oの方が出やすいがべたべたした使用感になりやすい。夏に多用されるので軽い使用感が求められ揮発性油性成分が利用される。環状シリコーンが... 続きを読む
  • 水に油を界面活性剤を用いて分散・乳化すると白濁する。油が多くなると乳液・クリームとなるが、どの程度の量や硬さ・粘度からそうなるかは定義されていなく。設計者・会社に委ねられる。クリームは比較的粘度が高く固形脂である高級アルコールや高級脂肪酸が多々用いられる。乳化の型は一般的に2パターンであり①O/W (Oil in Water) → さっぱり系※界面活性剤 高極性のものが多い※高分子乳化 (アクリレーツ/アクリル酸アルキ... 続きを読む
  • 化粧水 市場売上が大きい。夏・冬オールシーズンで利用されるのが多い。肌にうるおいを与え保湿させる目的に利用される。水メインで水性成分+油性成分+界面活性剤+その他成分で構成される。多機能のエタノール(収れん、殺菌、安定性改良、さっぱり等)を含むものが多い。(水、保湿剤、エタノール)香料は油のものが多い。油成分は界面活性剤を利用し水に可溶化する。肌表面皮脂がありこれも油であるので配合すると馴染みが良... 続きを読む
  • クレンジング(メーク落とし)・洗顔料(皮脂等汚れ落とし)は溶剤型、界面活性剤型に分けられる。<溶剤型>・「油成分メイン+界面活性剤+水+その他成分」メーク成分(法定色素)は油溶性有機化合物であることが多いため、類似の油性成分により落とすことが可能である。水になじみやすくするため界面活性剤が少量はいっているのがこのタイプ。透明、ミルク・クリーム等様々なタイプがある。うるおいクレンジングバーム処方例有... 続きを読む
  • <検定>・母分散の変化検定X2o=S/σ2X2(φ、α)2つの母分散の違いF=VB/VAF(φB、φA、α/2)※両側σA2≠σB2・帰無仮説=証明したいものの逆の仮説危険率、有意水準 5%.1%で検定α第一種の誤り(あわてものの誤り 帰無仮説が真β第二種の誤り(ぼんやりものの誤り 対立仮説が真※5%では20回に1回が発生μ>μ0なら右(大きくなる、μ現在の閲覧者数:... 続きを読む
  • ・統計量、確率分布①N(μ、δ2)多数まとめる正規分布で平均値μ変化はないとき、以下のようになる。分散V=δ2/n確率Kp=(x-μ)/√V →P②N(0,1)変換すると Z=(x-μ)/δ=ax-b で求められ、x1+x2 のとき平均値、は μ=2μ、δ=2δ^22x1+x2 μ=3μ、δ=(2δ)^2+δ^2 現在の閲覧者数:... 続きを読む

Toshihiko Suzuki

おかげさまで2,000アクセスされました!
今後も更新がんばります。

どうも日用品関係の情報をまとめる人です。
2021年4月2日からブログ毎日更新。

↓日用商品成分相談、販売検討している方は↓

104fig〇gmail.com

※〇を@に変更してください


~資格~
危険物取扱者甲種
QC検定2級
ITパスポート
エコ検定
化粧品成分上級スペシャリスト
コスメ薬事法管理者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR