• 中世では、十字軍遠征で東西交流が進み、アラビア医学、精油の蒸留方法、各地の薬草やハーブがヨーロッパに伝わった。植物療法を中心とした医学が体系化され、近代医学の基礎が作られた。~アラビア・イスラム医学~西ローマ帝国崩壊以降、イスラム帝国で、古代ギリシャ医学を基礎に、エジプト中近東、中国、インド医学的知識を統合したユナニ医学が発展する。「ユナニ」はアラビア語で「ギリシャ」を意味する。古代ギリシャのヒポ... 続きを読む
  • ~エジプト~古代エジプト「香り」は宗教儀式のためのものであった。神殿で芳(かぐわ)しい(香煙)に焚かれ、乳香や没薬(もつやく)などの樹脂が薫香(くんこう)として利用された。「perfum:香料、香水」は per通してfume煙 が語源。エジプトでは乳香没薬は黄金と同様エジプト内では算出されず、周辺諸国と交易による貴重品で「キフィ」焚(ふん)香料は特に貴重であった。死後の塊が現世に戻った際の器であるミイラ製造の... 続きを読む
  • ・改正表示名称-※改正表示名称は新製品上市などの機会を使って同義の表示名称に切り替えていくことが推奨されています。・化粧品表示名称PEG-2牛脂アルキルDEA・成分番号550251・定義本品は、牛脂アルキルジエタノールアミンに酸化エチレンを付加重合したものであり、酸化エチレンの屁金付加モル数は2である。・配合目的-・INCI名-・中文名称-・洗剤表示名称 家庭用品品質表示法-・OV 有機性値-・IV 無機性値-・α角度-・... 続きを読む
  • 原料植物の生産国としてブルガリアが有名なローズオットー精油の精油抽出部位を1つ選びなさい。 ア.圧搾法 イ.水蒸気蒸留法 ウ.揮発性有機溶剤抽出法 エ.超臨界流体抽出法 答え イ 回答:ローズオットー精油は水蒸気蒸留法。※揮発性有機溶剤抽出法:ジャスミン(アブソリュート)、ローズ(アブソリュート)、ベンゾイン(レジノイド)。圧搾法:スイートオレンジ、レモン、ベルガモット、グレープフルーツ※ネロリを除くミカ... 続きを読む
  • ・改正表示名称-※改正表示名称は新製品上市などの機会を使って同義の表示名称に切り替えていくことが推奨されています。・化粧品表示名称PEG-2ラウラミド・成分番号562765・定義本品は、ラウリン酸(*)のポリエチレングリコールアミドであり、次の化学式で表される。・配合目的洗浄剤、乳化剤・INCI名PEG-2 Lauramide・中文名称PEG-2 月桂酰胺・洗剤表示名称 家庭用品品質表示法-・OV 有機性値320・IV 無機性値320・α角度45... 続きを読む

Toshihiko Suzuki

おかげさまで2,000アクセスされました!
今後も更新がんばります。

どうも日用品関係の情報をまとめる人です。
2021年4月2日からブログ毎日更新。

↓日用商品成分相談、販売検討している方は↓

104fig〇gmail.com

※〇を@に変更してください


~資格~
危険物取扱者甲種
QC検定2級
ITパスポート
エコ検定
化粧品成分上級スペシャリスト
コスメ薬事法管理者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR